実績を“見える化”したい
同じ商材でも「品種」ごとに販売実績を確認するにはどうしたらいいだろう。「いつ・どこから・何を・どれだけ・いくらで」仕入れたかという情報をリアルタイムで管理するのは難しいのだろうか。計画に対して、実績を分析する術がほしい。 「イーサポートリンクシステム」、「S ii MDシステム」、「生鮮MDシステム」でお悩み解決!「商品」「規格」「産地」「生産者」などのデータを、品種ごとに管理できます。拠点別、納品先・仕入先別など、複数の項目で実績が取れます。計画段階から商品情報が管理でき、販売実績も簡単に集計することが可能です。 アイコンの説明 「イーサポートリンクシステム」のポイント!
品種ごとの詳細な情報が入手できる

生鮮品の商品コードを品種ごとのほか、商品・規格・産地などといった詳細な付随データごとに管理することも可能です。

「イーサポートリンクシステム」のシステム詳細はこちら
「S ii MD(エスツーエムディ)システム」のシステム詳細はこちら
「生鮮MDシステム」のポイント!
商品調達の効率化に貢献

統一された商品コード体系で運用や管理を行っているため、商品のトレーサビリティが容易になります。また、日々の決済状況を把握できるため、商品調達戦略の効率化に貢献します。

「生鮮MDシステム」のシステム詳細はこちら
皆さまに代わってシステム運用を行います!業務受託オペレーションサービス(BPO)業務受託オペレーションサービス(BPO)当社では長年流通業界で経験を持つスタッフによるオペレーション代行サービスを行っております。システムとこのサービスを併用することにより自社内にシステム・運用要員・ノウハウを用意することなく、流通情報インフラ機能が利用可能です。
ご相談・お問い合わせ
ページTOP