適正な農薬基準で農産物を作りたい
適正な農薬基準で栽培できているか、簡単にチェックできる方法はないだろうか。栽培履歴を手書きするのは、手間がかかる。栽培に対するこだわりをアピールするにはどうしたらいいんだろうか。 「農場物語」でお悩み解決!最新の農薬基準で簡単にチェックでき、安全面でのサポートが可能です。栽培履歴をデータで管理できるため、記入や検索に余計な手間がかかりません。自分で作った農作物に関する情報を生活者へ公開することができます。 アイコンの説明 「農場物語」のポイント!
農薬管理の手間とコストが軽減

使用した農薬を入力すれば、自動的に農薬取締法に則ったチェックが行えるほか、栽培計画の入力時と実績の入力時の2度にわたるチェックで農薬の誤使用を未然に防ぐことができます。また、農薬データは自動で更新されるため、常に最新の情報がお手元に届きます。

簡単入力で栽培履歴をデータ化

「見やすく・使いやすく」をコンセプトに設計された同システムは、画面構造が非常にシンプルなため、パソコンの操作が苦手だという方でも抵抗なくご使用いただけます。

生活者と生産者を繋ぐツール

同システム内の公開機能を利用することで、生産者の“顔”の見える化や、栽培のこだわりをアピールすることが可能です。これにより、生活者と生産者との距離が近くなります。また、“安全”を数値で証明することにより、“安心”を提供することができ、手間とコストをかけて生産した農産物の価値を高めることができます。

「農場物語」のシステム詳細はこちら
皆さまに代わってシステム運用を行います!業務受託オペレーションサービス(BPO)業務受託オペレーションサービス(BPO)当社では長年流通業界で経験を持つスタッフによるオペレーション代行サービスを行っております。システムとこのサービスを併用することにより自社内にシステム・運用要員・ノウハウを用意することなく、流通情報インフラ機能が利用可能です。
ご相談・お問い合わせ
ページTOP