食品スーパーさま向けサービス
商品調達の効率化で、安全な商品を店頭へ

お店に並べる商品の調達を行う際に、さまざまな問題で頭を抱えていると思います。
生鮮品は、発注内容と納品物が一致しないことが起きたり、納品数量の変更が多いことなどから、日々の損益管理を難しくしています。 そこで、適正な仕入れ管理を行いマーチャンダイジング(商品調達戦略)を実現へと導く「生鮮MDシステム」をご提案します。

「生鮮MDシステム」は、生鮮品が仕入先から店頭に並ぶまでの情報をトータルで管理することを可能にし、「いつ・どこから・何を・どれだけ・いくらで」といった仕入れの全体像の把握に効果を発揮します。 また、日々の仕入れ情報がシステムで管理できるため、発注、納品、返品といった情報を瞬時に把握することができるため、商品の調達戦略を組むことが容易です。 “ムダ”を最小限に抑えられ、さらには“安全”な商品を店頭に並べることができるようになります。

「生鮮MDシステム」を導入すると… 品種ごとの詳細データが入手できる インターネットを利用した大容量・高速通信で手間やコストが減少 データ活用により効率的な商品調達業務を実現 決済状況の確認も容易に行える
「生鮮MDシステム」のポイント!
商品調達の効率化に貢献

統一された商品コード体系によって、商品のトレーサビリティが容易になります。また、日々の売買状況を把握できるため、商品調達戦略の効率化に貢献します。

通信時間の大幅短縮、通信コストの大幅削減

必要以上に手間と時間がかかっていたアナログな方法による情報交換を効率化させるとともに、コストの削減にも貢献します。

買掛と支払データの差異「0」化

同システムでは、発注・入荷から決済までの情報が一元管理できます。これにより、請求データと支払データの照合が容易に行え、正確な請求事務が実現します。

「生鮮MDシステム」のシステム詳細はこちら
ご相談・お問い合わせ
ページTOP