中間流通業者さま 向けサービス
生鮮流通の“ムダ”を排し、手間とコストを削減

生鮮品の流通過程で発生する受発注や入荷、売上、入金といった情報交換は、電話やFAXといったアナログな手段で行われているため、情報のやり取りに時間がかかっています。また、各事業者間の通信方式がバラバラであることから、情報の整理・判別に多くの手間がかかりタイムロスの原因となっています。

当社は、生鮮品の種類や等級などを統一規格のデータとして管理することで情報整理を容易にするほか、大量の情報交換を可能にするシステムを提供しています。これにより、流通過程の川上から川下までの情報をオンライン上で管理し、作業の効率化や業務負担の軽減、コスト削減を実現しています。
また、流通過程の情報が仕入先の記録と共に管理できることから、食の安全に大きく貢献するトレーサビリティも容易にしました。

「イーサポートリンクシステム」、「S ii MDシステム」を導入すると… 注文数の修正・変更への日々対応が可能 販売計画に対する予実分析が可能 「生鮮MDシステム」を導入すると… インターネットを利用した大容量・高速通信で手間やコストが減少 情報の一元管理で作業を効率化・短縮化することが可能 受注・出荷のデータ活用により正確な請求業務を実現
「イーサポートリンクシステム」のポイント
情報管理の“ムダ”を省く

同システムを利用することで、生鮮流通に携わるすべての事業者と情報を共有することができ、情報のやり取りや管理作業での“ムダ”の軽減につながります。

「イーサポートリンクシステム」のシステム詳細はこちら
「S ii MD(エスツーエムディ)システム」のシステム詳細はこちら
「生鮮MDシステム」のポイント!
通信時間の大幅短縮による受注・出荷等、現場作業の短縮化

同システムでは、生鮮品の流通過程で発生する情報交換の高速化を実現するとともに、統一規格のデータとして管理できることから情報整理が容易となり煩雑な事務作業を改善します。

売掛と入金の差異「0」化

同システムでは、受注・発注・入荷のほか、請求・入金までの情報が一元管理できます。これにより、請求データと入金データの照合が容易に行え、正確な請求事務が実現します。

「生鮮MDシステム」のシステム詳細はこちら
皆さまに代わってシステム運用を行います!業務受託オペレーションサービス(BPO)業務受託オペレーションサービス(BPO)当社では長年流通業界で経験を持つスタッフによるオペレーション代行サービスを行っております。システムとこのサービスを併用することにより自社内にシステム・運用要員・ノウハウを用意することなく、流通情報インフラ機能が利用可能です。
ご相談・お問い合わせ
ページTOP