イーサポートリンクシステム
業界の常識を覆し、情報の一元管理を実現

生鮮品は、一定規格のある工業製品と異なり、色やサイズ、品質が均一でないことから、統一の規格で管理することは困難だといわれていました。 また、生鮮品の流通過程では受発注や入荷、売上、入金といった情報交換に電話やFAXといったアナログな手段が用いられていることから、情報管理のための事務作業に多くの手間とコストが発生していました。
そこで当社は、生鮮品を統一のコード体系で管理するとともに、流通過程の川上から川下までの情報をオンライン上で一元管理する「イーサポートリンクシステム」を開発し、 流通過程の効率化や業務負担の軽減、コスト削減を実現しました。

食の安全・安心に貢献するトレーサビリティも実現

これまでの流通過程では、取引業者間で情報が分断されていることが多く、何か問題が起きても情報を追跡することができませんでした。流通過程の情報をオンライン上で管理する「イーサポートリンクシステム」は、仕入先の記録なども同時に管理できることから、食の安全に大きく貢献するトレーサビリティも容易にしています。

ページTOP