生鮮MDシステム
適正な商品調達を実現に導く

経済産業省が推奨する流通BMS(生鮮Ver.1.0)に準拠しています。
生鮮品は、生産地から店頭に並ぶまでに腐敗や欠品が起こりやすい、いわば“生き物”です。
生鮮品の特性(産地・等級などといった属性が多いこと)などから、システム化が進んでいないため、スーパーの仕入担当者は実際のニーズにあった商品調達がしたくても、なかなかできずに頭を抱えていました。システムを使用していてもアナログ回線で通信時間がかかるため、発注時間のタイムリミットが早く、その日の販売状況を見てからの注文ができません。更には、追加注文は、電話・FAXといった対応で、非効率な状態です。
「生鮮MDシステム」は、インターネットによる高速通信で大量の情報をつなげられるため、受発注のやりとりをスムーズに行うことができます。生鮮品の仕入先から店頭に並ぶまでの情報の一元管理が可能になることから、「いつ・どこから・何を・どれだけ・いくらで」といった仕入れの全体像がリアルタイムに把握できるようになります。
そのため、販売状況に合わせた仕入れが可能となり、売れ残りや欠品を減少させることができるようになるなど、効率的な商品調達業務に大きく貢献します。

ページTOP